うーん、お肉を焼けるくらいの気力が戻ってきたようですw ホンット、暑さって人のあらゆる何かを削っていくような気がする。とりあえず野菜は肉巻いて焼いときゃ美味いシリーズ再開かも。

アスパラの肉巻きは、巻く前のお肉に軽く塩こしょうしてあるので、プラスの味付けは最後に粗挽きこしょうを振るくらい。基本的に私ゃ薄味のよーです。小学生のときから自分が作った料理を食べてるし、外食もあんまりしないから、ほかの料理のスタンダードがよくわからない(^_^;)

豚肉を使ったので牛肉ほど焼き加減に気を遣う必要なないんだけど、それでも火の通りを速くしたかったので、アスパラは先にレンチンでちょっと加熱してから巻きました。うん、時短時短。

フライパンで焼くときも、料理酒をちょっと注いでフタをして蒸し焼きに。ウチのフライパンのフタって、ドーム型で立派な持ち手と蒸気量が加減できる切替穴がついてるっていう結構なヤツなんで、後でそのフタを洗わなきゃいけないのが面倒くさいんだけど、まあ洗ってもいいかと思えるくらいには気力が戻ってきたと。

そして相変わらず、とりあえず野菜はお汁もので摂っとけ的なみそ汁。小さめの茄子1本まるごと突っ込んでます。

ホントは鍋で煮てとろとろの茄子にしたかったんだけど、肉巻き焼いた時点で気力が尽きてw 茄子はレンチンで済ませました。パプリカもレンチン。はい、いつもの通り、お椀に具材と味噌と白だし放り込んで、熱湯をかけて混ぜるだけ~ですね。トッピングは刻んだ水菜と天かすで。

最近はパプリカもよくみそ汁に入れてます。ちょっとレンチンしておくだけで甘みが増すし、黄色い食材が料理にあるのってやっぱり彩りがいい。

私は一番使い勝手のいい黄色い食材=卵がアレルギーで食べられないのですよ。だから黄色いパプリカやコーンは重宝します。パプリカ、1個100円以下じゃないと買わないって決めてるけどw こないだNZ産1個98円で売ってるとこ見つけたから、また買ってこようっと♪

 

イイネ!と思っていただけたなら、ぜひぽちっと応援お願いします(^^)

レシピブログに参加中♪

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください