今年のお雑煮と黒豆のレシピ覚え書きです。お雑煮は毎年そのときの気分で作ってるので、結構いろんなバリエーションがありますw

ウチのお雑煮は基本的に丸餅を焼かずに使用。これは毎年変わらないですね。電子レンジで柔らかくなるまで加熱してから湯洗いして取り粉を落とし、お椀というか容器に入れます(今年の容器は小どんぶりサイズ)。

お餅以外の具材は、鶏もも肉・大根・人参・れんこん・水菜を使用。鶏もも肉は60gくらいかな。食べやすい大きさに切ります。大根と人参は3mmくらいの厚さで輪切りにして100均で買った花型で型抜き。れんこんも3mmくらいの厚さに輪切りにして、花型にカット。

大根・人参・れんこんは、煮崩れ防止と時短もかねて電子レンジで一通り加熱しておきます。水菜は3~4cmくらいのざく切りに。

お鍋に300ccほどお湯を沸かし、鶏もも肉・大根・人参・れんこんを投入してさっと火を通します。白だし大さじ1と塩こうじ小さじ1を加えて煮立て、お肉に火が通ればOKです。

お餅を入れた容器に、お鍋の具材を取りだして盛り付け、切っておいた水菜も盛り付けておつゆを注ぎます。あっさりした味わいのおつゆなので、粒こしょうと粗挽きこしょうを散らしてピリッとアクセントをつければ完成。お餅に胡椒って、結構イケますよ。

黒豆は、小粒黒豆の黒千石を使ってます。粒が小さいからすぐ炊けるw それでもやっぱり、一晩水に浸けておくほうがいいですね。今年は黒千石1カップ(200cc)を600ccのお水に浸けておきました。一晩でみっちりふくらみますよ。黒豆から色素が出るので、色移りする容器は使わないほうが無難です(ウチはガラスポットで浸けてる)。

そして我が家では黒豆炊きに鉄のフライパンを使用。フライパンに浸け汁ごと黒豆を移し、さらに水400ccと砂糖半カップ(100cc)、それに岩塩ひとつまみを加えて煮立てます。煮立てるとあくがたつので、中火にしてできる限りあくをすくい取ります。

あくがすくい取れたらふたをして、とろ火で1時間20分くらいことことと炊きます。黒豆が空気に触れるとしわが寄るっていうんですが、黒千石は粒がちっちゃいのでほとんど気になりませんw

とろ火状態で1時間が過ぎたら、ときどきふたをあけて水分が減りすぎていないか確認し、お箸でつまんで硬さを確認します。柔らかめが好みならさらに10~20分くらい炊いてもOK。

ちなみにウチの黒豆、全ッ然甘くないです。通常は豆と同量の砂糖を入れるんですよ。豆が1カップならお砂糖も1カップ。まあ、その辺は好みですね。そんでも、豆の半量でも結構な量のお砂糖になります。でも全然甘くないw 市販のあま~い黒豆には、いったいどれだけのお砂糖が使われているのかと、あんまり想像したくないです(^^;

黒豆の色素アントシアニンたっぷりの煮汁は、お湯割りにして飲んでも美味しいですよ。それに、電子レンジで柔らかくして湯洗いしたお餅に豆を煮汁ごとかけて、ぜんざいみたいにして食べても美味しいです。粒が小さい黒豆だから、小豆感覚でいけちゃいます。オススメです。

 

イイネ!と思っていただけたなら、ぜひぽちっと応援お願いします(^^)

レシピブログに参加中♪

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください