もやしたっぷりで食べ応えのあるおかずスープです。豚肉は薄切り肉を使うことで加熱時間も短めに。彩りにアスパラガスを加え、白だしとカレー粉でちょっと和風に味付けしたおいしいカレースープが10分くらいで作れます。

材料はこんな感じ。もやしは1袋の半分100gを使用。ひげ根は面倒でも取っておいたほうが口当たりが良くなります。長いヤツは手で半分に折っておくといいですよ。豚肉はバラ薄切り肉を70gほど。食べやすい大きさに手でちぎっちゃえばOK。アスパラガスは3本、根本の硬い部分だけ皮を剥いておきます。40gくらいかな。2~3cmにカットしてます。

耐熱容器にまずもやしを少し入れて、その上に豚肉を重ならないよう広げて載せます。その上にまたもやしを載せて豚肉を載せてと繰り返し、最後にアスパラガスを載せ、白だし大さじ1杯を振りかけます。

豚肉は重なっていると加熱したときくっつきやすいんですよね。もやしを間に挟んでおくとくっつきにくくなるし、もやしが豚の脂をほどよく吸っておいしくなります。

具材をセットしたらふたかゆるくラップをかけて、電子レンジ600Wで3分加熱します。加熱できたら上下を混ぜ返し、もしお肉に完全に火が通っていないようなら、30秒くらい再加熱してください。

お肉に火が通ったら、カレー粉小さじ1杯を振り入れ、熱湯100ccをそそいでよくかき混ぜれば完成。パウダー状のカレー粉じゃなくて、カレールーを使うとフツーのカレーになるんだけど、もやしを使うときはスープのほうがおいしいです。水分がいっぱい出ちゃうからかな。

もやしもお肉もがっつり入っているので、このスープがあればあとはおにぎりだけ用意すれば私は1食完結。トーストをセットしてもいいし、うどんにかけてカレーうどんにしちゃってもおいしいですよ。

下味に白だしを使っているので、カレー味っていっても割とあっさりした味わいになります。でもしっかり脂のある豚肉を合わせているので、ちゃんとコクもあるおいしさです。白だしじゃなくてコンソメスープの素を下味に使うと、さらにコクが深くなるので、その辺はお好みでどうぞ。

もやしと豚肉は電子レンジで調理するのにとっても相性がいい具材です。キャベツも加えて味ぽんであっさり食べるメニューも以前レシピを書いているので、こちらもご参考くださいね。

豚肉とキャベツ・もやしの簡単レンチン蒸し

イイネ!と思っていただけたなら、ぜひぽちっと応援お願いします(^^)

レシピブログに参加中♪

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください