乾物って、ホントに一人暮らしのお助け食材ですよね。長期保存ができるので、ちょっとずつ使ってても安心。私は切り干し大根や、小さくカットされた高野豆腐を、そのままおみそ汁の具に使ってます。

切り干し大根は、戻すときに独特の香りがするのが苦手という人も多いかもしれません。でも最近の切り干し大根は、たいてい機械で乾燥させてるのでほとんど気にならないですよ。

私はさっと水洗いしただけの切り干し大根を、包丁でざくざく切っておみそ汁に投入します。それに、卵とじ用などとして小さくカットされている高野豆腐は、戻す必要がないので、これまたそのままおみそ汁に投入してOK。

そして簡単おみそ汁の具の超定番、乾燥わかめも入れて、フリーズドライの三つ葉や青ネギなんてのをちょっと散らすと、彩りもよくなります。

お椀に液体だし(白だし)とみそを入れて、熱湯をそそいでよく溶いて、具材を投入したら1分くらいで全部しっかり戻ります。だし入りみそや、1食分ずつパックされたインスタントのおみそ汁を使えば、さらに簡単。

切り干し大根は歯ごたえがあるし、小さいカットの高野豆腐も気軽にたくさん入れられるので、これだけで結構しっかり「食べてる感」のあるおみそ汁になりますよ。

今日は乾物デーということで、ごはんも乾燥芽ひじきを使ったひじきのチャーハン。

具材は、戻しておいた芽ひじきと、豚ロース肉、しめじ、じゃがいも。なんかいろいろ試したんですけどね、この組み合わせが一番おいしかったのw

フライパンにごま油をひいて、豚ロース肉・しめじ・じゃがいもを炒め、水を切った芽ひじきも加えてさらに炒める。最後にごはんも入れて、炒め合わせて完成。なお、味付けは塩だけ、です。これもいろいろ試したんだけど、潔く塩だけが一番おいしかった。

最近、野菜の価格が高騰してて、ウチだけじゃなくみなさん困ってると思います。こういうときは手軽な乾物を上手に使うと、結構節約できますよ~。

なお お湯をそそぐだけ のおみそ汁やスープのレシピは、ほかにもいろいろご紹介しています。タグをチェックしてくださいね。

 

 

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください