挽肉で作る肉団子は、多めに作っておいて冷凍しておくと便利です。すぐに火が通る野菜と合わせれば、短時間で簡単においしい料理が作れます。今回は、もやしやレタスを使って、しゃきしゃきのスープを作りました。

肉団子は、豚挽肉にすりおろしたレンコンと、焼麩をつぶして粉末にしたものを混ぜ合わせて作りました。豚挽肉は100gよりちょっと多め。レンコンは小さめを一節、皮をむいて水にさらしてからすりおろす。焼麩はふたつかみくらいかな。焼麩をポリ袋に入れて、袋の上からわしゃわしゃと握りつぶすと、簡単に粉末にできますよ。

3つの具材をボールに入れて、手で揉み込んでこねます。すりおろしたレンコンがつなぎになってくれるので、それほどがんばってこねる必要はないです。味付けは、塩こしょうを少々振り込んで。

タネがこねられたら、一口大に丸めます。すぐに使わないときは、挽肉が入っていたスーパーのトレイにくっつかないように並べ、ラップをかけてからポリ袋に入れて冷凍しておくのがオススメ(2重にしておくと乾燥しにくい)。使うときは、凍ったままお鍋に投入してOKです。

肉団子を使ってスープを作るとき、冬場だと根菜をたくさん使って肉団子の粕汁にしてもおいしいですが、今日はもやし・しめじ・レタスという火の通りやすい野菜を使いました。

もやしのひげ根をとり、しめじもいしづきを切り落としてほぐし、鍋に入れて水から煮ます。沸騰したら肉団子を投入。冷凍肉団子を使用したときは特にあくがたちやすいので、こまめにあくをすくい取りましょう。

肉団子からいいだしがでるので、味付けは塩こうじと市販のコンソメスープの素で調える程度でOKです。ただ、最後にレタスを入れるとどうしても水っぽくなるので、気持ち濃いめの味付けのほうがいいかも。

4~5分も煮れば肉団子に火が通りますから、最後にざくざくと切ったレタスをどっさり入れて、すぐに火を切ります。よくかき混ぜて、余熱でレタスをくたっとさせれば完成です。

これだけ具だくさんのスープがあれば、あとはおにぎりがあれば1食まかなえますね。仕上げに粗挽きこしょうを振りました。しゃきしゃきのレタスともやし、それにふんわりほろっと崩れる肉団子がおいしい♪

すりおろしたレンコンがつなぎになるので変に煮崩れたりせず、またパン粉の代わりにつぶした焼麩を入れたので、ふわっとした感じに仕上がります。あと、玉ねぎのみじん切りも加えてこねれば、ハンバーグとして焼いて食べてもおいしいですよ~。

作りおきの冷凍肉団子があれば、使う野菜にもよるけど、おいしい具だくさんスープが10分くらいで作れます。市販のスープの素を使えば味付けも簡単だし、洋風でも中華風でもOK、みそ仕立てで和風にしてもおいしいし、かなり便利なのでとってもオススメです。

 

イイネ!と思っていただけたなら、ぜひぽちっと応援お願いします(^^)

レシピブログに参加中♪

 

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください