栄養豊富な大豆と豚肉をトマト味で煮込んだポークビーンズも、水煮大豆とトマトペーストを使えば簡単に作れます。手軽においしく栄養補給もできちゃうメニューです。

水煮大豆はだいたい1パック200g前後入ってる商品が多く、それだけがひとりごはんのネックなんですよね。1食分には多すぎて、2~3食分になってしまうので。

トマトペーストは カゴメトマトペーストミニパック を2本使用します。トマトの水煮缶などを使わなくても、このペーストだけでしっかりおいしいトマト味にしあがります。このカゴメのトマトペーストは本当に便利な優れもので、私はトマト味の料理はほとんどこれでまかなってます。

水煮大豆の量が多いので、一緒に使う食材もちょっと多め。玉ねぎはこぶりなものをまるまる1個、豚肉はロース塊肉を200gくらい使いました。どちらも、大豆と同じくらいのサイズになるようカットします。さやいんげんは7~8本。こちらも1cmくらいにカットして、電子レンジで少し加熱しておきます。

フライパンにオリーブオイルをひき、豚肉と玉ねぎを炒めます。下味に塩こうじか、なければ塩こしょうを少々。だいたい火が通ったら、水煮大豆を煮汁ごとフライパンに投入します。煮汁を使わない場合は、お湯をおおさじ1杯くらい加えるといいです。

さらにトマトペースト2本も絞り出してフライパンに投入。少し水気があるほうがペーストが具材になじみやすいんですよね。煮詰める感じで、全体を混ぜ合わせていきます。

最後に加熱しておいたさやいんげんも投入。最初からさやいんげんも炒めて煮詰めちゃうと、しあがりの色が悪くなるので、私はレンチン加熱しておいたものを最後に加える方式です。さやいんげんも混ぜ合わせて、全体がなじんだら完成です。

このお皿に盛った量で、作った量の半分くらい。結構がっつり食べられますよ~。あとはおにぎりに、お汁ものを添えれば栄養たっぷりな1食分の献立に。残りは冷蔵庫に入れておき、翌日いただきまーす(^^)

しっかりトマト味がついてるのでさめてもおしく食べられますが、電子レンジで温めなおすときは、大豆の薄皮が加熱中にバシバシ爆発しちゃうことがあるので、その点だけはお気をつけて。

大豆にも豚肉にもビタミンB1がたっぷりで、栄養補給にぴったりなメニューです。水煮大豆を使えば時短で簡単にできちゃうし、トマトペーストもケチャップと違って本当にトマトのみで作られた調味料なので、トマトの味がそのまんま堪能できる優れものです。ぜひお試しください。

 

イイネ!と思っていただけたなら、ぜひぽちっと応援お願いします(^^)

レシピブログに参加中♪

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください