大根はお肉や魚と一緒に煮込むと、旨みが染み込んで本当においしいですよね。でも1人分だけの煮物を作るのって結構面倒くさい。そんなときは、大根を電子レンジで加熱しておくのがオススメ。煮込む時間を短縮できて、簡単においしい煮物が作れます。

今回は鶏レバーを使ってみました。鶏レバーって栄養たっぷりだけど、独特の臭みがちょっと苦手、という人も多いかも。それでも、鶏レバーを1分ほど下ゆでしてから冷水で洗ってあくを除いておけば、臭みも減っておいしく食べられます。また、ショウガをたっぷり使うこともポイントです。

大根は厚さ1.5センチくらいのいちょう切りにして耐熱容器に並べ、料理酒を大さじ1杯ほどかけ回し、ふたかゆるくラップをして電子レンジにかけます。この量で、電子レンジ600Wで4分加熱しておきました。大根の角がやや透明になるくらい加熱しておけばOK。

お鍋に具材がひたひたに漬かる程度のお湯を沸かし、まず調味料を入れます。スタンダードにしょうゆ・みりん・砂糖の甘辛味で。ショウガも先に入れてから、下ゆでした鶏レバーを入れます。下ゆでしてあるものを煮るときは、味付け済みのおつゆで煮るほうが味なじみがいいですよ。

ただ、下ゆでしてあってもやっぱりちょっとはあくが出るので、それはできるだけ丁寧にすくい取ってください。そうすれば、より臭みが抑えられます。それからレンチン済みの大根をお鍋に投入。落とし蓋をして、中火でコトコトと煮込みます。煮込む時間が短いので、煮崩れ防止の面取りをする必要がないのも手軽でいいんですよねー。

カットした大根の大きさにもよりますが、加熱済みの大根ですからだいたい10分の煮込みが目安かな。最後の2分くらいは落とし蓋を外し、火を強めて鍋をゆすりながら煮きっていきます。しっかり煮きって鶏レバーを照り照りにしたほうが、ぼそぼそした食感が抑えられておいしいですよ。そして最後に、解凍しておいた冷凍枝豆(市販品です)を散らして完成。

煮物は、冷めるときに味が染み込みます。先に煮物を作っちゃって器に盛っておき、それからお汁ものを何か用意して、おにぎりをにぎればちょうどいい感じで1食分が完成します。それほど長く煮込まなくても、鶏レバーの旨みがしっかり大根に染みておいしく食べられますよ。

最後に散らした枝豆はオマケだけど、彩りもぐっとよくなるのでオススメです。枝豆でなくても、さやいんげんやきぬさやなんかをカットしてレンチンしておいて、最後に散らしてもいい感じになります。

こういう煮物を作るとき、具材を電子レンジで加熱しておいてから使えば、1人分でも簡単においしく作れてしまいます。このメニューも、大根をレンチンしている間に鶏レバーの下ゆで処理をすればいいので、普通に煮物を作るときの半分くらいの時間で作れますよ。ぜひお試しあれ♪

 

イイネ!と思っていただけたなら、ぜひぽちっと応援お願いします(^^)

レシピブログに参加中♪

 

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください